ペニス大きく

牽引式の器具でペニスを大きくする

ペニスを大きくするための器具には大きく分けると二種類があります。ひとつは、真空の力を利用してペニスを吸い込んで大きくするポンプ式。そしてもうひとつが牽引式です。牽引式の器具は、滑車のような機械で、ペニスを引っ張りだして固定します。そのまま引っ張っておくことで、ペニスを大きくすることができますが、固定する時間がかなり長くなるのが問題です。基本的には数時間はそのままの姿勢を維持する必要があります。小型のものであれば歩きながらでも使えるために、四六時中でもペニスを大きくすることができるのですが、逆に言うと、ずっと付けっ放しでなければならないのが厄介なわけです。通常は寝ているときに使うといいようですが、違和感はあるし、寝返りはうちにくいし、なれるまでは結構大変です。とはいえ、服の下につけていてもほとんどわからないので、家で使う場合、家族にバレにくいのは、ポンプ式の器具よりも、牽引式です。また、ポンプ式の器具だと、ペニスが黒ずんでくるのですが、牽引式なら色を変えずにペニスを大きくすることができます。どちらを選ぶかは、あなたのライフスタイル次第ということになります。どちらがより高い効果がある、ということはないのでご心配なく。

 

亀頭(カリ)を大きくする方法
亀頭(カリ)だけ部分的に大きくすることは出来ませんが、亀頭を含めてペニス全体を大きくする方法や理屈をご紹介します。

ペニスを大きくする第一歩は体調管理

ペニスを大きくするには、自身の体調を管理し、健康を維持することが非常に大切なことになります。若いうちは、ペニスは今よりも大きくて硬く、復活する力も強かった気がしませんか? 年々、としを取るごとにペニスは弱くなっていくのですが、これは血行が影響しています。血管を丈夫にして流れる血流も正常にすることで、ペニスは大きく、そして強くなります。そのためには体調管理が何よりも大切だということになるのです。例えば、寝る間を惜しんでペニスの大きくするためのトレーニングをしたり、食事をとらないでペニスを大きくするためのサプリメントを飲んだりしても、その効果は限定的なものに留まります。まずは、三食栄養バランスを考えてしっかりと食事を摂り、睡眠時間を十分に確保、ストレスも無くすようにして適度に運動をする。お酒やタバコは控える。こんな身体によい生活をしていると、健康診断の結果が良くなるだけではなく、すぐに朝立ちが違ってきます。毎日朝立ちがあるようだと、ペニスは確実に以前より大きく強くなっているはずです。サプリメントやグッズを使ったトレーニングも大切ではあるのですが、これらを基本的におろそかにせず、ペニスを身体の一部と捉えることが大切なのです。